行政通訳・相談事業

よくある質問

14

その他

1454件

公証人役場外国語文書の認証について
外国語で書いた申請書を公証役場に出してください。
公証役場で承認されたら、依頼者が法務局と外務省で申請することになります。
ただし、サイン認証だけなら領事館でも可能な場合があるので事前に領事館に聞いてみてください。
落とし物をした場合の問い合わせ
交番に落とし物をしたという届けを出し、届いていないかどうかを聞いてください。
児童手当とはどのようなものですか?
児童手当は、中学校3年生までの子どもを養育している方に支給される手当です。手当の額は、所得と子どもの年齢によって異なります。
子どもを経済的に支援する制度は何がありますか?
子ども医療費支給制度、児童手当があります。
京都市営バス・地下鉄では、子どもの運賃は無料ですか?
保護者(父親・母親など)がいっしょに乗る場合は、6歳未満の子どもの運賃は無料です。

京都市営バス・地下鉄の路線図、時刻表などの多言語紹介サイトはありますか?
路線図、時刻表、乗り換え情報などを多言語で紹介するサイトがあります。
(日本語・英語・中国語・韓国語に対応 ⇒https://www2.city.kyoto.lg.jp/
kotsu/webguide/en/index.html)
暴風警報などが発令されたらどうしたらいいですか?
暴風警報や特別警報が発令されたら、保育園などは休みになります。子どもを預けたあとでも、これらの警報が発令されると、子どもを迎えにくるように保育士から連絡があります。どの警報が出たときに休園になるのかは、施設によって違いますので、保育園に直接確認しましょう。

感染力の強い病気にかかったととき
子どもがインフルエンザなどの感染症などにかかると、ほかの子どもたちへの感染を防ぐために、完治するまでは保育園などに預けられません。公園やおけいこなど、子どもが大勢いる場所に連れてゆくことも避けましょう。お子さんがつぎのような感染症にかかったら、医師の許可が出るまでは家庭で保育しましょう。